症候性便秘になる原因と解消について

「症候性便秘」とは単純に便秘というだけではなく、
何らかの病気が元で便秘になっているという状態のこと。

つまり便秘はただの諸症状に過ぎず、
もっと深くて思い症状が隠れていることもあるのです。

症候性便秘は症状が特徴的

症候性便秘になった場合、いわゆる生活習慣の乱れからくる便秘とは違い、
他の症状を併発することが多々あります。

下記にその例を挙げてみましょう。

便秘以外に出る症状

  • 腹痛
  • 嘔吐感
  • 発熱
  • 頭痛
  • 膨満感
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 動悸
  • 異常な色の便
  • 血便
  • 貧血

便秘のほかに、以上のような症状があった場合は、
単なる一過性単純性便秘ではない可能性も考えられます。

そのため、おかしいと思ったら、
「たかが便秘程度で」と甘く見ず、医師に相談してみたほうがいいでしょう。

症候性便秘の原因となる病気例

症候性便秘の原因は病気ですが、
それではいったいどんな病気によって便秘が起きるのでしょうか。

下記にその一例を紹介しましょう。

急性便秘を併発する病気

  • 腸捻転
  • 腸閉塞
  • 腸管癒着

慢性便秘を併発する病気

  • うつ病
  • 慢性腸炎
  • 子宮筋腫
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 直腸がん

こうした病気にかかった場合は、高確率で便秘も併発するようになります。
もちろん、上記に挙げた病気にかかっているとは限りませんが、
中にはかなり重い病気も含まれており、早期治療が重要になるものもあります。

症候性便秘だけなら病気の治療で解消する

症候性便秘の場合、その原因である病気を治療し、
その後普段の生活に戻れば便秘も解消することがほとんどです。

しかし、逆に言えば、病気を治さないことには便秘も解消しないということ。

そのため、便秘のタイプを正確に判断せず、
市販の整腸剤などを服用したところで効果は得られません。
またこうした自己流の対策だけで放置しておくと病状はどんどん悪化していくばかり。
場合によっては、服用した薬のせいで病気が進行してしまう恐れもあります。

他に諸症状が出ている場合は勝手な判断で薬を服用したりすることはせず、
医師に相談をしてみたほうが良いでしょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る