弛緩性便秘になる原因と解消について

日本人が悩む便秘のタイプの中で最も多いとされているのが、弛緩性便秘です。
このタイプの便秘を解消するためには、
日常生活を根底から変えていかなくてはいけません。

しっかりと対策を取り、辛い便秘症状をできるだけ早く治しましょう。

ダイエットや運動不足が弛緩性便秘の原因

弛緩性便秘とは、腸のぜんどう運動が鈍くなってしまう便秘タイプです。

この原因は、

  • 運動不足・加齢による筋力低下
  • ダイエットなどの偏った食バランス

などであるとされています。

筋力が落ちると便秘になるのは、
便を押し出す力が弱まるからというだけではなく、
腸自体を支える力が衰えてしまい、弛みが出てしまうため。
こうなると腸が正常に働きにくくなってしまうのです。

また栄養バランスの偏りがあると、
健康な便が作りにくくなる上、便のカサが減ってしまうため、
そもそも便意自体を催さなくなってしまう恐れがあります。

昨今では、若い女性はしきりに無理なダイエットをしようとしますし、
男性もデスクワークが増え、慢性的な運動不足が懸念されています。
こういった現代において、弛緩性便秘が増加するのは当然のことかもしれません。

弛緩性便秘はお腹の張りが特徴

弛緩性便秘の最大の特徴はお腹の張りです。
筋力が低下すると、便をスムーズに排出できなくなってしまい、
腸内に便が溜まってしまうことになります。

さらにこうなると出口を塞がれたガスも溜まることになり、
お腹の張りは強くなる一方でしょう。

しかも、便が溜まっているにもかかわらず、筋力がないために排出することもできず、
便秘は悪循環を続けてしまいます。

また、排便できても残便感が残ったり、
腸内に長く溜まって水分を失った硬い便が出ますので、
すっきりした排便感がないのも特徴でしょう。

弛緩性便秘を解消するには生活の見直しが必要

こういった弛緩性便秘を解消するには、
生活のすべてをきっちりと正さなくてはなりません。

  • 規則正しい生活リズム
  • 十分な睡眠時間
  • 栄養バランスの取れた食生活
  • 適度な運動

特に食生活に関しては、気をつけたいところ。
よく「便秘には食物繊維がいいから」といって、
海草などばかりを食べる人がいますが、
これではあまり意味がありません。

確かに食物繊維には便をやわらかくする効果がありますが、
そもそも排出する便の量がなければならないからです。

そのため、食生活はバランスよく、他の食べ物もきっちりと取りましょう。
そして食物繊維のほかに、
整腸効果に期待できる乳酸菌やオリゴ糖などを含む
ヨーグルトなどを摂取すれば効果的といえるでしょう。

そして、食生活のほかに意識しておきたいのが運動です。
この場合も「腸が弱っているのは腹筋がないから」といって、
腹筋運動ばかりをする人がいますが、
これも効果的ではありません。

腸を支えているのは、表面的な筋肉ではなく、もっと内臓に近い筋肉です。
こういった箇所を鍛えるには腹筋だけというよりも、
全身の筋力をバランスよく高め、
筋肉のつく土台を作ることが大切なのです。

効果的な運動としては、

  • ウォーキング
  • サイクリング
  • 水泳

など全身を使った有酸素運動。

とはいえ、こうした運動や筋トレなども極端に始めると、
体に不調をきたす恐れがありますので、ほどほどにしておきましょう。

いずれにしても、弛緩性便秘を解消するためには、
根気良く日常生活から意識をして変えていかなければいけませんね。

下剤の使用は極力控えよう

このように弛緩性便秘はその解消にかなりの時間を必要とします。
そのため、症状が緩和するまでは便秘に苦しめられることでしょう。

しかし、だからといって下剤などを常用し、
便秘症状を軽くしようとするのはあまりお勧めできません。

下剤には習慣性があるため、下剤依存症になってしまい、
腸の正常な働きをさらに阻害する危険があるからです。

どうしても必要な場合は、医師にしっかり相談した上で薬を処方してもらい、
また用法・用量をしっかりと守って服用するようにしてください。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る