慢性便秘になる原因と解消について

便秘が長期間にわたって続き、なかなか治らないのを「慢性便秘」といいます。
ですが、この慢性便秘にも色々なタイプが存在します。
そのため、便秘を治そうと自己流の治療法を試すと、余計悪化させてしまうかも。

便秘を治したいなら、しっかりとタイプに適した処置をしましょう。

慢性便秘には2種類のタイプがある

ただ単に慢性便秘といっても、
その種類は大きくふたつに分けることができます。

症候性便秘

症候性便秘とは、他の病気が原因になり、
便秘が併発してしまっている症状のこと。
そもそもの原因が他の病気なので、
症状を改善させるためには病気自体を治療する必要があります。

常習性便秘

常習性便秘とは、普段の生活習慣が原因となり、便秘になっているもののこと。
健康的な人が悩まされる便秘の多くはこのタイプになります。
また普段の生活を見直すことで症状は改善できます。

なお、この常習性便秘は、さらに細かく分類でき、

  • 弛緩性便秘
  • けいれん性便秘
  • 直腸性便秘

という3つのタイプが存在します。

症候性便秘を含めて、これらの便秘にはそれぞれ原因と特徴がありますので、
次の項目ではそれについて詳しく説明しましょう。

便秘の原因と特徴

ここでは、慢性便秘の主な症状や特徴、そしてその原因について説明しましょう。

症候性便秘

原因

大腸がんや大腸ポリープなど他の病気

特徴

便秘の他に、頭痛・吐き気・発熱・血便などを伴う

弛緩性便秘

原因

運動不足などにより、腸のぜんどう運動が鈍くなっている

特徴

女性や高齢者に多く発症する
常にお腹が張っていて苦しい感じがする

けいれん性便秘

原因

日常的なストレスなどで腸の働きが過剰になり、引きつっている

特徴

社会人男性なども発症する
便秘と下痢を繰り返す
極度の緊張やストレスを感じると下痢の症状も出る

直腸性便秘

原因

排便を我慢することで便意がマヒしてしまい、腸内で便が硬くなってしまう

特徴

便意を我慢したり、浣腸を乱用した場合に発症する可能性がある
便が出ても、硬くてころころしたものや短いものしか出ない

タイプ別慢性便秘を改善する方法

上記のように、タイプによって原因や特徴などは様々です。
そのため、改善方法は当然タイプによって異なります。

ここではタイプ別の便秘改善方法を紹介していきましょう。

症候性便秘の改善法

便秘の原因となっている病気を治療するのが唯一の改善法です。
またこうした症候性便秘は非常に重い病気の兆候にもなりますので、
違和感を感じたら、まずは病院で受診することをオススメします。

弛緩性便秘の改善法

腸のぜんどう運動を活発にするため、
日頃の適度な運動としっかりとした食生活が重要になります。
デスクワークなどで動かない人や食事の回数が少ない人などは、
特に意識をしながら改善していきましょう。

けいれん性便秘の改善法

最も簡単なのはストレスの元を取り除くことです。
しかし、仕事上など避けられない理由で避けられない場合は、

  • 極力ストレスの原因に近づかないようにする
  • 意識をできるだけ変えて、ストレスへの耐性をつける
  • 迅速かつ効果的なストレス解消法を見つける

などの対処が必要になるでしょう。
それでも改善しない場合は、専門家に相談するようにしましょう。

直腸性便秘の改善法

便意を我慢せず、トイレに行くようにするだけでOKです。
また朝は便意を感じやすい時間帯なので、
朝食後に用を足す習慣をつけるなどして、便秘の改善を図りましょう。

自分の便秘タイプを知り、
その対策をすることで症状の改善速度は飛躍的に高くなります。

的外れな便秘改善方法を試さなくてもよいよう、
しっかり自分の症状を把握するようにしましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る