急性便秘になる原因と解消について

何らかの要因によって、一時的な便秘になってしまうのを急性便秘といいます。

慢性便秘に比べて原因がはっきりしている場合も多く、
その治療は比較的容易ですが、
原因によっては激しい症状が出ることもありますので、
侮ることはできませんよ。

急性便秘の原因は何?

急性便秘の原因として挙げられるのは、

  • 極度のストレスを感じる
  • 刺激の強い食べ物を食べる
  • 日常とはかけ離れた生活リズム

などなど。

腸は環境の変化に敏感な器官で、非常に繊細です。
そのため上記に挙げたような状況にすぐ反応してしまい、
一時的な便秘になることがあるのです。

なお、このような環境の変化が原因で起きる急性便秘を一過性単純性便秘、といいます。

その他、慢性便秘のひとつに数えられる症候性便秘も急におきることがあります。
例えば、腸捻転や腸閉塞など腸が急に塞がれるタイプの病気を発症した際、
同時に起きる症候性便秘は、急性便秘のひとつといえます。

急性便秘の特徴を知ろう

一過性単純性便秘の特徴は、弛緩性便秘に酷似しています。
お腹が張っていて苦しいのに便が出ないような症状ですね。

しかし急性便秘は、腸に一時的なショックが与えられたためになるものですから、
環境に慣れたり、落ち着いたりすればじきに治る、というのも大きな特徴です。

ただし、症候性便秘が急に起きた場合は上記の限りではありません。
この場合、激しい腹痛や嘔吐感、発熱などに襲われることがあり、
ひどいときには失神するケースもあります。

なお、一過性単純性便秘や症候性便秘など、
こうした急性便秘は原因さえ取り除けば症状は治まります。

ただし、便秘症状を長引かせてしまうと、
そのまま慢性便秘に移行してしまう恐れがあるので、注意しましょう。

急性便秘を解消する方法とは

急性便秘の中でも症候性便秘に関しては、
便秘の元となっている病気を治療する以外に解消法はありません。

そこで、ここでは主に一過性単純性便秘の解消方法を紹介しましょう。

さて、急性便秘を解消するには、まず何が腸の動きに異変を起こしたのか、
きちんと把握することが大事です。

たいていの場合、こうした便秘の原因は、
生活環境や食生活の変化や刺激物の飲食などによる場合が多くを占めます。
こうした原因の場合は、きちんと普段どおりの生活を続けるようにすれば、
おのずと症状は回復に向かうでしょう。

しかし、急激なストレスなどによる急性便秘の場合、
このストレスを今後も受け続けていくとすれば、それは慢性便秘になりかねません。

そのため、重要なのは解消法というよりは、
急性便秘にかからないように普段から正しい生活を心がけることでしょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る