けいれん性便秘になる原因と解消について

けいれん性便秘は、もはや現代病とも言える常習性便秘の一種です。
なぜならその原因が現代社会に生きる社会人とは、
切っても切れない関係にある「ストレス」だからです。

けいれんせい便秘の原因はストレスにある

けいれん性便秘はストレスが原因になり、便秘症状を発症するものです。
そのため、以前は社会的なストレスに悩む男性特有の症状だったものの、
ストレス社会とも呼ばれる現代では、男女を問わず、
けいれん性便秘にかかる可能性を秘めているといえるでしょう。

一見、便秘とストレスはまったく関係ないように見えますが、
実のところ胃腸系は非常に精神状態に左右されやすい臓器です。

ストレスを感じすぎると、人は自律神経の働きが弱まってしまいます。
そしてこの自律神経は、
胃腸系を含む臓器の働きに深く関係している大事な神経器官です。

そのため、ストレスを感じると胃が痛くなるように、
腸の働きもおかしくなり、その代表例として、
腸にけいれんが起きるけいれん性便秘になってしまう、
というわけです。

けいれん性便秘は下痢を起こすこともある

けいれん性便秘は、「便秘」の一種ですが、
その症状は便秘と下痢を繰り返すものです。

この場合、ただ単に便が出ないのが便秘というわけではないのです。

けいれん性便秘はストレスによって狂った自律神経の働きによって、
腸のぜんどう機能が過敏になり、けいれんしている状態です。

そのため、けいれん部には便が溜まることになり便秘の症状が出ます。
しかし、その後けいれんが治まると、今度は激しいぜんどう運動によって、
便が未消化のまま排出されることになり、下痢の症状がでるのですね。

こうしたけいれん性便秘で排出される便は、
細く短い場合が多く、残便感も残ったままという特徴があります。

こうした症状が見られた場合、けいれん性便秘を疑ったほうがいいでしょう。

けいれん性便秘の解消にはメンタルケアを

けいれん性便秘はストレスによる自律神経の乱れが原因です。
そのため、症状を解消するには、ストレスの元から離れることが一番。

または、ストレス解消のために体を動かしてみたり、
心身の調子を整えるため睡眠時間を長く取ったりする工夫をしてみましょう。

またストレスによって腸内の環境も荒れてしまっているでしょうから、
乳酸菌やオリゴ糖を含む食べ物を摂取し、
しっかりと便秘対策をするのも大事でしょう。

多少のストレスは現代社会にはつきものです。
しかし身体に不調をきたすほどのストレスともなれば考えものです。
下手をすれば、けいれん性便秘のみならず、
うつ病など精神系疾患の元にもなりかねません。

そうなればもはや便秘どころの騒ぎではなく、
専門医によるケアが必要になるでしょう。

事態が深刻になる前に自分の状態をしっかり把握して、
早めに対策を取っておくように心がけてください。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る