常習性便秘になる原因と解消について

一時的な症状で解消される一過性便秘とは異なり、
長期間にわたって便秘に悩まされているという人は、
常習性便秘になっている可能性があります。

この常習性便秘にはいくつかのタイプが存在し、
解消法もそれぞれ異なりますので、特に注意するようにしましょう。

常習性便秘は3つのタイプに分けられる

乱れた生活習慣や日常的なストレスにさらされ、
便秘が習慣化してしまうのが常習性便秘ですが、

実はこれらはいくつかのタイプに分けられます。

  • 弛緩性便秘
  • けいれん性便秘
  • 直腸性便秘

この3つのタイプの便秘は、それぞれに症状も原因も異なります。
そのため、自分の便秘がどのようなものか、
あるいは日常生活に思い当たることはないか見直すことで、
便秘のタイプはある程度絞ることができるはずです。

タイプ別、便秘の原因と特徴

それではここで、詳しい原因と特徴を紹介しましょう。

弛緩性便秘

原因

筋力低下や食事バランスの偏りなど

特徴

原因によって腸の働きが悪くなり、便が出にくくなる。
そのためお腹が張ったままの状態が続くことも多い。

けいれん性便秘

原因

日常的なストレス

特徴

強いショックを受けたため、腸の一部がけいれんしてしまっている状態。
けいれん部分に便が溜まって便秘になり、
さらに解消した際には下痢の症状がでることもある。
またこれを数回繰り返すことも。

直腸性便秘

原因

便意を我慢しすぎるため

特徴

便意に従わずに我慢し続けることで便意がマヒしている。
これに伴い、排出されなかった便の水分が失われ、
直腸付近で硬くなって停滞してしまう。
便を出しても硬く、ころころとした短いものしか出ない。

タイプ別便秘解消法

上記のように、便秘はそのタイプによって症状も原因も様々です。
そのため、自分のタイプを良く知り、
適切な対処を行なうことが必要になります。

弛緩性便秘の解消法

腸の働きをよくするのが重要。
まず1日3回の食事をしっかりと取り、
適度な運動を心がけるようにしましょう。

なお、市販の刺激性下剤は腸のぜんどう運動を促進する薬効がありますが、
習慣性もあり、なおかつ薬の効果に頼っていると自然な解消は望めないため、
どうしても辛いとき以外は控えましょう。

けいれん性便秘の解消法

強いストレスなどからくる便秘のため、ストレスの元を断ち切りましょう。
ただし、職場などどうしても避けられないストレスの元がある場合は、
ストレス解消方法を見つけたり、睡眠時間を長めに確保し、
安定した精神状態を保って自律神経の働きを高めるようにしましょう。

なお、この便秘タイプの場合、
下剤などを使用すると、逆に症状を悪化させることになりますので、
使用しないほうが良いでしょう。

直腸性便秘の解消法

とにかく便意を我慢しないこと、
そして便意がなくてもトイレにいく習慣をつけることが重要です。
こうすることにより、次第に便がたまったときの直腸の反応が戻ってくるはず。

ちなみに人間が一番便意を感じやすいのは、朝食後とされていますので、
この時間にトイレに行くようにすればいいかもしれません。

なお、便を下剤や浣腸で出すこともできますが、
これは余計に直腸の反応を鈍らせるだけなので、使用は控えましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る