急性(一時的な)便秘と慢性的便秘はどう違うのか?

実のところ、急性便秘と慢性便秘の間に明確な違いはありません。
しかし、具体的な違いはないものの、
このふたつのタイプの便秘の間には大きな隔たりがあるのです。

急性便秘はすぐに解消できる?

急性便秘とは、環境の変化などによって一時的にかかる便秘のことです。

しかし、体がその環境に慣れていくにつれてこの便秘は解消するもの。
そのため、あまり症状を重く見る必要はありません。

また急性の症候性便秘にかかってしまった場合でも、
元の病気をなるべく速やかに治療すれば便秘は、
病気の治癒とともに解消していくでしょう。

ただし、急性便秘になった後も、
偏った食生活を続けたり、不安定な生活リズムを作ったり、
また元の病気を治療しないままだと体が便秘である状態に慣れてしまいます。

こうなると便秘は習慣化してしまうので、
簡単に解消できるうちにしっかりと対処をしておく必要がありますね。

慢性便秘とは根気良く付き合おう

慢性便秘とは便秘であることが習慣化してしまった状態のこと。

しかし、体に支障がある場合でない限り、
何らかの拍子で突然、慢性便秘になってしまう人はいません。
つまり、「日常的に便秘に悩まされている」という人は、
急性便秘にかかったときに適切な対処をしないまま放置していて、
便秘が習慣化してしまったものと思われます。

こうなってしまうと、急性便秘のように少し生活を改善しただけでは
症状の緩和にはつながりません。

便秘が慢性化してしまったら覚悟を決めて、
気長に向き合っていくようにしましょう。

まず自分の便秘のタイプと、その原因を探ることです。
その上で、毎日の生活を便秘解消に向けたものに変えていく努力をしましょう。

例えば、弛緩性便秘で腸の動きが鈍っているのが原因なら、
毎日しっかりと適度な運動をして食物繊維を意識的に摂取する、
など自分の中でしっかり目標を持つことが大事です。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る