便秘によって腰痛を引き起こすことがある

便秘によってお腹が張ることは良く知られていますが、
腰痛になるのはあまり知られていないのではないでしょうか。

実は便秘と腰痛は密接な関係があるのです。
また、腰痛と便秘は別の病気によって
同時に引き起こされることもあるのでご注意を。

なぜ便秘が腰痛の原因になるのか

便秘による腰痛は、特に慢性便秘の人に多いといわれている症状です。

便秘になると、便やガスが大腸を膨張させてしまい、お腹が張ってしまいます。
このお腹が張った状態では、腹部周辺の血管などが圧迫されることになり、
結果、血液がうまく循環しなくなり、新陳代謝も悪くなります。

その影響を受けるのが、何を隠そう、腰なのです。
腰部周辺には多くの血管が集中しており、
他の部位に比べても血液循環の影響を受けやすい場所なので、
便秘による体への悪影響を受けやすいのですね。

また便秘になると、腐敗した便から有害物質が排出されます。
これが大腸で吸収され、血管に乗って全身をめぐることになるのですが、
この有害物質は患部、つまり大腸から近い場所へと多く流れていきます。
となれば、腰部が影響を受けるのは想像しやすい事実でしょう。

ちなみに、大腸と腰部は非常に近く、
便秘と腰痛を同時に感じた場合は、
腹部に近い場所で何かの病気が発生している可能性もあります。

便秘も腰痛も長引く場合は一度、病院で診てもらったほうがいいかもしれません。

腰痛を解消するには運動すること

先述した通り、腰痛になる直接的な原因は、
腰部付近の血流が悪くなること、
そして有害物質が溜まってしまうことです。

こうした原因を改善するには、
血流を良くし、新陳代謝を高めて、有害物質を浄化するのが適切です。
そのためには、運動がもっとも効果的と言えるでしょう。

しかし、運動といっても、無理に腰を治そうとして、
腹筋や背筋を鍛える筋トレをしてはいけません。
こうした激しいトレーニングは、
日ごろ運動をしない人にとっては体への負担が大きすぎるからです。
場合によっては腰痛をより悪化させることにもなりかねません。

腰痛を治すための運動として最適なのは、
全身を使った有酸素運動です。
特に水泳やウォーキングなどは、
特定の箇所に負担をかけることも少ないためオススメです。

有酸素運動は筋トレなどとは違い、
血液の循環を良くし、新陳代謝を高める効果もあります。

これによって腰痛は改善する上、便秘にも良いと言えるでしょう。

ちなみに、こうした運動が腰痛や便秘に効くのは、
それが血流の悪さなどが原因だった場合のみです。

もともと骨のゆがみなどからくる便秘や腰痛の場合は、
下手に運動をすると症状を悪化させることにもなりかねません。
違和感を感じるようであれば病院などで診察を受けたほうがいいでしょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る