便秘による食欲不振について

便秘になると大腸の働きが悪くなり、
その他の消化器官の機能にも影響がでる場合があります。
その結果、食欲不振になることがあります。

また、便秘が悪化して腸閉塞になりかけている場合も食欲が落ちることがあります。
完全に腸が塞がれてしまうと腹痛や嘔吐が起こりますが、
その前の段階では吐き気などから食欲不振になりやすいためです。

一方で、便秘が直接の原因ではなくても、
便秘を引き起こす生活や食事などが、
胃にも影響して食欲が落ちている可能性もあります。
まずは便秘の原因は何か、日ごろの生活習慣を振り返ってみると良いでしょう。

食欲が落ちていても食べることが大事

便秘解消には「食べる」ことは欠かせません。
食事量が落ちて便のカサが減ると、便秘が悪化してしまうからです。

たとえ食欲が落ちていても、便秘を改善して食欲不振を解消するためにも、
栄養バランスの良い食事を心がけましょう。
喉越しの良い麺類や果物をメニューに加えたり、
ヨーグルトなど腸内環境を整える食品もおすすめです。

また大腸の働きを高めるためにも、
適度な運動や規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る