便秘の症状から予想できる隠れた病気(疾病)

昔から「便は健康のバロメーター」と言われています。
それほど便の状態は体の状態を如実に示しているということですね。

実際、便秘の症状から他の疾患が見つかることはままあるようで、
たかが便秘、と甘く見ずにしっかりと気をつけておくようにしましょう。

便秘の症状で他の病気が分かることもある

便秘の症状には様々なものがあります。
ストレスが原因のけいれん性便秘や、
運動不足が原因の弛緩性便秘などです。
そして、他の病気が原因で便秘の症状が出る症候性便秘というものもあります。

そのため、普段から規則正しい生活を送っており、
便秘になる要素が見つからないにも関わらず便秘が治らない、などという場合、
もしかすると、その裏には自覚症状のない病気が隠れているかもしれません。

もし他の疾患のせいで便秘になっていた場合、
ただの便秘だからといって放っておくと、
後々取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

便通に異常を感じたら、速やかに医者に相談をするようにしましょう。

急性便秘を併発する病気

それまでに便秘の症状はなかったにも関わらず、突然便秘になってしまう。
そんな急性便秘の場合は、「腸捻転」や「腸閉塞」を起こしているかもしれません。

これらの病気では、腸がねじれたり、折れ曲がってしまうことで、
便の通り道がなくなってしまい、便秘を引き起こします。

なお、こうした病気で便秘になった場合、
便秘症状のほかに、激しい腹痛や頭痛、嘔吐感などを伴うことがあります。

便秘の他にこうした症状が表れた場合は、ただごとではなく、
またこの症状が自然治癒することはありませんので、
直ちに病院へ診察を受けに行ったほうがいいでしょう。

なお、こうした腸閉塞などは開腹手術をした後などに、
腸管癒着を起こしている可能性もあります。

過去にそういった手術をした経験がある人などは注意をしておきましょう。

慢性便秘を併発する病気

普段から規則正しい生活を送っていて、便秘になるような心当たりはない。
それでも便秘が続いて治る気配がない。
そんな慢性便秘にかかっている場合は、
「大腸がん」や「大腸ポリープ」の疑いがあります。

こうした病気の特徴は、ずばり「自覚症状がほとんどないこと」。
つまり、心当たりがないのに便秘が治らない、という状態は、
まさにこうした病気のサインである可能性も考えられるのです。

こうした病気では、大腸にポリープや炎症ができ、
腸管が狭まってしまうために便秘を引き起こします。

なお、この炎症などが肛門に近い場所にあった場合などは、
血便になったりすることもありますので、
便の状態をよく見ておくことが大切です。

また、逆に便秘症状をずっと放っておいて、
大腸がんになってしまうというパターンもあります。

日ごろから便秘に悩んでいるという人は、
それが普通になってしまってあまり病院などには行かないかもしれませんが、
それは非常に危険なことです。

逆に便秘症状をずっと放っておいて、
大腸がんになってしまうというパターンもあります。
あまりに長引く便秘はやはり医者に相談をしたほうがいいでしょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る