便秘が原因でポッコリお腹になる

便秘には様々な症状がありますが、
そのうちのひとつにお腹が張って、
いわゆる「ポッコリお腹」と言われる状態になることがあります。

女性であれば特に気になってしまう状態なので、
できるだけ早く処理をしたいところですが、
いったいどうすればこのポッコリお腹を防げるのでしょうか。

ポッコリお腹の原因は便秘にある

自分の体型に気を使っている人であれば、
便秘になってお腹の張りが気になった経験があるのではないでしょうか。

こうしたポッコリお腹の原因を、
ほとんどの人は溜まった便によるものだと思っているようですが、
実はこのお腹の張りの原因は便ではなく「ガス」なのです。

便が大腸内に長く留まると、便自体が腐敗を始めてしまい、
有毒なガスを排出するようになってしまいます。

本来、こういったガスは排出されても屁になって外に出るのですが、
便秘の場合は便が腸管を塞いでしまい、
ガスが屁にならず大腸に溜まっていってしまうのです。

これがポッコリお腹の原因なのです。

ポッコリお腹を防ぐには?

こうしたポッコリお腹を解消するためには、
まずガスを外に出さなくてはいけません。

そのためには、大腸を塞いでいる便を出す必要がありますね。
要するに便秘を解消するのがポッコリお腹を防ぐ唯一の方法なのです。

ちなみに、お腹が張ってきたのを太ったと勘違いして、
ダイエットなどをする人もいるようですが、
これはまったく効果がありません。

むしろダイエットで食事制限などをすると、
栄養のバランスが偏ったりするために、
便秘の症状とともにポッコリお腹も進行してしまう可能性が高いといえるでしょう。

  • 常に膨満感を感じる
  • 下腹だけが張っている

こうした症状を感じた場合は太っているのではなく、
便秘によるポッコリお腹の可能性大。

まずはきちんと栄養バランスを考えた食事を取り、
適度な運動と規則正しい生活をするよう心がければ、

便秘の解消とともに、お腹の張りも消えていくはずですよ。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る