便秘が原因のニキビ、肌荒れ対策について

「便秘はお肌の天敵」と言われるように、
実は便と肌には大きな関係があります。

便秘が長引くと、ニキビや吹き出物ができ、
肌荒れもひどくなるのはなぜなのか。

ここで詳しく説明しましょう。

便秘と肌の健康の関連性

肌と便は、互いに体の表面と内部という違いがあり、
あまりその関連性を意識する人は少ないかもしれません。

しかし、便秘が肌荒れの原因になるのは確かなこと。
これを良く理解するためには、
まず体の仕組みから考えていく必要があります。

簡単な説明ですが、
食べた物は、胃で消化され、小腸で栄養を吸収されます。
そして大腸は、小腸で吸収されなかった他の栄養や水分を吸収し、
便にする、という役割を持っています。

そして、便通が良い状態なら、
この大腸では余計な有毒物質などは吸収されず、
便になって排出されますが、便秘の場合はそうはいきません。

便秘になると、便が大腸に長く留まりすぎて腐食し、
そのせいで有毒物質などが排出されてしまいます。
そして、大腸はこうしたものまで吸収してしまったりするのです。

大腸で吸収された栄養などは血液を通って全身をめぐるのですが、
もし有毒物質などを吸収していても、例外なく全身をめぐってしまいます。

そしてこうした有毒物質は血液から肌の組織に吸収され、
老廃物としてニキビや吹き出物などの原因になります。

また血液に異物が混ざると、血液の循環や新陳代謝にも支障をきたします。
結果、肌荒れなどにつながるのですね。

便秘で健康を害することも

そして、便秘のせいで起こるのは肌荒れなどだけではありません。

先述したように大腸内で長く停滞した便からは、
有毒物質などが排出されてしまいます。

そしてこうしたものが腸の内壁などに溜まっていき、
大腸がんなどの原因になってしまうこともあります。

もちろんこれほど大げさではなくとも、
便秘が健康に様々な影響を及ぼすことは確かです。

そして健康を害すると当然肌にもその悪影響が出てしまうでしょう。

お肌をキレイに保つ秘訣は、まず体の中からキレイにすること。
スキンケアに力を注ぐ余力があるのなら、
その半分でも便秘にならないよう体内のケアもするようにしましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る