大腸メラノーシスと便秘の関係性について

便秘が原因でかかる病気とは少しニュアンスが違いますが、
便秘に悩んでいる人は大腸メラノーシスという病気にかかる危険性があります。

あまり有名ではない病気ですが、
この病気に潜在的にかかっている人は、
意外に多いのではないかといわれており、
便秘気味の人は注意をしたほうがいいかもしれません。

大腸メラノーシスとは?

大腸メラノーシスとは、大腸の粘膜に黒い色素が沈着し、
そのせいで大腸の壁が硬くなってしまう病気です。

大腸の壁が硬くなるとぜんどう運動などが鈍くなってしまい、
そのせいで便秘が悪化することになります。

さて、この病気と便秘の関連性ですが、
実のところ、病気の原因は便秘そのものではありません。

大腸メラノーシスになる原因は、刺激性下剤の使いすぎなのです。

特に、アロエや大黄、センナなどの成分を含む
「アントラキノン系」の刺激性下剤を服用しすぎると、
大腸メラノーシスになると判断されています。

ちなみにこの病気は発見しにくいことでも有名です。
なぜなら、主な病状は便秘などなのですが、
そもそも便秘を治そうと下剤を飲み続けなければこの病気にはかかりません。

つまり、元々便秘だった人の便秘が悪化するだけで、
他に主な症状が出てこないからなのです。

大腸メラノーシスを治療するには?

現在のところ、大腸メラノーシスを治療する方法は、
特に見つかっていません。
唯一の治療方法は、刺激性下剤の服用をやめることだけで、
服用を中止すれば、1年ほどで健康な大腸に徐々に戻っていきます。

しかし、大腸メラノーシスにかかるほど長期間下剤を服用していた人が、
すぐに下剤の使用を中止することは難しいでしょう。

そのため、対策としてはまず服用する下剤を
「刺激性下剤」から「機械性下剤」に変える方法を試してみましょう。

機械性下剤は大腸の働きを活発にする刺激性下剤とは異なり、
便のカサを増やしたり、便を柔らかくするための薬です。
刺激性下剤ほどの即効性はありませんが、副作用も少なく安心です。

そもそも、便秘を解消するのに、
市販の刺激性下剤を乱用するのは危険度が高くできれば避けたいもの。

便秘が長く続くようなら、
大腸メラノーシスになってしまう前に、
病院に行って適切な薬を処方してもらうようにしたほうがいいかもしれません。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る