便秘によるイレウス(腸閉塞)について

便秘がひどくなると、腸内にたまった便が腸管をふさいで腸閉塞になることがあります。
この状態を「糞便性イレウス」と呼びます。

腸閉塞というと、癒着や腸捻転などで起こると思っている人が多いと思いますが、
慢性的に便秘が続くと、便がどんどん硬くなって流れにくくなり、
最終的には腸管を塞いでしまいます。

消化器官は口から肛門まで一つの管でつながっているので、
その一部でもふさがれてしまうと、全体に不快感や苦痛な症状が起こります。
そのため激しい腹痛や嘔吐症状が起きたり、
最悪のケースでは腸管が破裂して生死に関わる場合もあります。

糞便性イレウスにならないために

糞便性イレウスは、硬くなった便がコロコロと積み重なっていくことが原因で起こるので、
症状の始まりは急激というよりは、腹部の膨満感や吐き気、食欲不振など、
緩やかなものから始まります。
そのため症状を放置して悪化させてしまう人も少なくありません。

特に刺激性下剤などを常習している人は、
下剤の効果が薄れて便がたまり始めたところに、
さらに下剤を使って腸を刺激することでイレウスを促進させている恐れもあります。

一度、糞便性イレウスになってしまうと自然に治ることはないので、
直ぐに病院に行って治療を受けましょう。

しかし何より重要なのは、便秘を慢性化させないことです。
生活習慣を改善して、日ごろから便秘を悪化させないように注意しましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る