大腸ガンは高齢者だけではなく若い人でもなる可能性が

大腸ガンというと「高齢者の病気」というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、
最近では若い人の間にも増えている病です。

大腸ガンの大きな原因の一つが「便秘」です。
若い人の中にも慢性的な便秘に悩む人は多いですが、
このことが若い世代に大腸ガンが増加する一因になっています。

「若いうちは無理がきくから」と、
不規則な生活や乱れた食事ばかりで過ごしていると
、便秘や病気の進行を早めてしまいます。

20〜30代でも大腸ガンになる可能性はあるので、
便秘などの便通異常がある人は早めに改善することが大切です。

生活を改善して大腸ガンのリスクを減らそう

一人暮らしで仕事が忙しいと、
ついついファーストフードや外食などに頼る人が多くなります。
しかしこうした食事は脂肪分が多く、野菜が不足しやすいので便秘の原因になります。

また朝食を抜いたり、ダイエットなどで食事制限をすることも便秘を進行させます。

このような生活習慣は、若い人たちに多く見られる傾向です。
若いうちは体の抵抗力もあり病気になりにくいことは確かですが、
若い時からの乱れた生活習慣が病気の元になります。
逆に言えば若いうちから少し気をつけることで、病気のリスクを回避できるのです。

便秘は大腸ガンのリスクを確実に高くします。
「たかが便秘」と甘くみて症状を放置すると、
大腸ガンなどの重い病気を進行させてしまうので危険です。
異常を感じたら早めに病院で検査して、便秘を長引かせないようにしましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る