皇漢堂製薬「ビューラック」の副作用と効果、効能

代表的な便秘薬のひとつとして挙げられるビューラックですが、
その効果から始めて服用する人などには、下痢などの症状がでることも。

またビューラックの服用には注意が必要ですので、
しっかりと服用する前にしっかりと知識を持っておきましょう。

ビューラックの薬効について

ビューラックは、ビサコジルという成分を配合した大腸刺激性下剤です。
主成分が大腸を刺激することで、
ぜんどう運動などを促進し、便通を良くするタイプですね。

そのため、腸の働きが弱くなっている
弛緩性便秘などの人には効果的な下剤といえるでしょう。

ちなみに「お休み前に服用して、翌朝には快適なお通じが…」
という効果で知られていますが、
別に服用するタイミングは、寝る前に限定しているというわけではなく、
厳密には、薬効が出るまでに8時間程度かかるということです。

そのため、自分の生活スタイルや
排便したいタイミングに合わせて服用するといいでしょう。

副作用があるため、過度の服用に注意

大腸刺激性下剤には強い薬効がある反面、副作用があります。
そして、これはビューラックも例外ではありません。

また刺激性下剤は薬効が強力なため、他の薬などとの併用は避けましょう。
この場合、漢方薬などもNGなので気をつけるようにしてください。

さらに刺激性下剤には常習性がありますので、
長期間服用し続けるのは避けたほうが良いでしょう。
もし1週間程度服用しても、便秘が改善しない場合は、
他の原因がある可能性も考えられますので、病院で診察を受けてください。

ビューラックに見られる副作用としては、服用後の下痢や腹痛など。
特に始めて服用する場合はこれらの副作用が出やすいため、
最初は少しずつ飲み始めるようにしましょう。

他にもそもそも刺激性下剤を服用してはいけない人もいます。

  • 妊娠中の人
  • 激しい腹痛や嘔吐症状のある人
  • 医師の治療を受けている、もしくは薬を処方されている人

特に妊娠中の人が服用すると、流産の危険性もあるため、
絶対に服用しないように注意してください。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る