便秘解消を習慣にしよう

高齢者になると、男女を問わず便秘になりやすくなってしまいます。
これは、歳をとるにつれて、腸を含む内臓器官が弱ってしまうためです。

だからといって、歳を取ると必ず便秘になるかといえば、これは違います。
日常のちょっとしたことに気をつければ、高齢者でも快適な生活が過ごせます。

ここでは高齢者の便秘を解消するための3つのポイントについて詳しく解説します。

喉が渇いていなくても水分補給を

今年の夏も猛暑でしたが、
昨今、高齢者による脱水症状の報告が相次いでいます。

実はこれと便秘には深い関係があります。

人は歳を取ると、体の機能が低下してしまい、
喉の渇きなどをなかなか自覚できなくなります。

これは先にあげた脱水症状の他にも、
当然、便秘の大きな原因になります。

吸収する水分量が減ると、便が硬くなり、出にくくなるばかりか、
いきむ力も弱まっているので、更に悪循環を呼ぶという状態に。

決まった時間にお茶を飲んだり、
外出するときも水筒を携帯するなど、
水分は常に身の回りに置いておきましょう。

散歩をするだけでも便秘は軽くなる

高齢者の便秘の原因は運動不足にもあります。

筋肉が衰えていくと、どうしても腸の働きも弱くなってしまいます。
そのため、筋トレとは言わないまでも、
日常生活に適度な運動を取り入れるのは、便秘予防の第一歩です。

例えば、朝のラジオ体操や簡単なストレッチなど。
実は一日に10分ほど散歩をするだけでも、
便秘の症状がだいぶ軽くなることが分かっています。

もしあまり運動をしていないという人がいれば、
最初は少しずつでもいいので、試してみましょう。

乳酸菌とオリゴ糖で健康な腸を維持しよう

高齢者でなくとも、年齢を重ねる毎に腸内環境は悪くなっていきます。

研究では、特に腸内の善玉菌の数が減っていくことが知られていて、
その数は成人のそれに比べて、
多くても3分の1、少ない人では8分の1ぐらいにまで減少してしまいます。

そのため、便秘を治すには、まず腸内の環境を良くすること。
具体的には善玉菌である乳酸菌を増やすことが大事です。

乳酸菌を摂るには、
生きたまま腸に届く善玉菌を多く含んだヨーグルトを食べたり、
サプリメントを飲むといいでしょう。

また腸に届いた乳酸菌が元気に活動できるよう、
オリゴ糖を一緒に摂ると、より効果が実感できると思います。

腸内環境を整える乳酸菌はこちら

乳酸菌と一緒に摂りたいオリゴ糖はこちら


便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る